佐藤塗料株式会社 -SATO PAINT-

塗替え・リフォーム

建築塗料販売

建築塗装をはじめ鉄鋼塗料等の各種塗料・防水剤・塗装機器、
塗装用具を幅広く取り扱っております。

専門スタッフが、外壁、内装、屋根など、劣化具合、近隣環境を考慮し、
多々ある建築塗料の中から、最善の工法を厳選し、アドバイスさせていただきます。
塗装・防水・リフォーム工事も請け負っておりますので、是非ご相談ください。

各種塗料の耐久性について

光触媒・フッ素 シリコン ウレタン アクリル
約10年~
約7-10年~
約5-7年~
約3-5年~

塗替えを行う住宅の築年数や立地条件、劣化状況や素材などを考慮し、今後この家をどのようにメンテナンスして何年住み続けるかにより塗料を選ぶことが大切です。

塗料の劣化

塗膜の劣化には様々な要因が考えられます。
まずは紫外線による塗膜の薄れによるもので、樹脂のワレや表面に凹凸が生じ光沢が低下します。更に進行すると顔料が露出し、手でこすると粉分がつく状態(チョーキング)になります。最終的には割れや剥離が発生します。

塗料の劣化:チョーキング  塗料の劣化:ひび割れ

耐久性の高い塗料を使うメリット

耐久性の高い塗料は1回の塗替えコストは高くなりますが、長期的にみるとコストが安くなる可能性があります。塗替えの費用は塗料代金以外に職人の人件費や足場代など様々な費用がかかってきますので、永く大切に住み続けたいとお考えの方には高耐久性の塗料をおすすめします。

塗料の種類

塗料の樹脂だけでも様々なものがあり、さらには防藻防カビ性など機能性の違いをうたったものも在ります。

塗料には溶剤型と水性型

塗料には有機溶剤(シンナー等)で希釈した溶剤型と、水で希釈した水性型塗料があります。相方にメリット、デメリットはありますが、同等の樹脂で比較すればほとんど差はありません。一昔前までは溶剤型は耐久性は良いけれど臭い面が・・・。水性は臭いは少ないが、紫外線による光沢や色引きが早く起こりやすいといわれていましたが、現在の水性塗料は技術向上により、高性能の物が多数出てきました。今後、環境問題の観点からも水性化に拍車がかかってくるのは必至で、建物の立地状況や価格・目的に合った塗料を選定することをお勧めします。

アクリル樹脂塗料アクリル樹脂塗料

安価であるので新築住宅に使用されています。しかし、耐久性に劣る分、クラック(ひび割れ)が生じやすいのが難点です。

ウレタン樹脂塗料ウレタン樹脂塗料

アクリル樹脂の上グレードで塗料性能と価格のバランスが良く、アクリル樹脂より塗膜が柔らかく下の動きに追随しやすい塗料です。

シリコン樹脂塗料シリコン樹脂塗料

現在、戸建住宅やマンションの塗替えに最も多く使用されている塗料です。シリコン塗料は性能や機能の差もあり10年弱の物から12~15年程度の耐久性を持つものもあります。

フッ素樹脂塗料フッ素樹脂塗料

長期にわたり、変退色、艶引けが少なく、耐久性では最上級レベルで金額面でも一番高価になります。住宅の塗替えではその特性を生かし、屋根材に使用されることが多く紫外線や酸性雨から守ってくれます。滑走性も高く寒冷地の屋根に使用されることで、積雪を抑制する効果があります。

防水型塗料防水型塗料

塗膜に防水性を付与した塗料で、弾性タイプと高弾性タイプの2種類あります。高弾性タイプは主材がより弾性性能が高く、通常よりもより防水機能が高くなります。

遮熱・断熱塗料遮熱・断熱塗料

地球温暖化が呼ばれている昨今、注目を集めている塗料で、遮断塗料は反射率の高い顔料などを配合し、太陽光(紫外線)を反射しやすくすることで真夏の屋根や外壁表面の温度上昇を軽減し、断熱塗料は塗料中に断熱層を作ることで熱伝導を防ぐ仕組みが多く、冬場は室内の暖められた熱を逃しにくくする機能があります。樹脂も、ウレタン、シリコン、フッ素など多種あります。

光触媒塗料光触媒塗料

光触媒塗料は親水性・殺菌・空気浄化などの機能を有し、原料に使用されている酸化チタンが紫外線によって汚れを分解し、雨水の力で汚れが落ちやすくなります。一般外壁以外にガラス面などにも使用でき、長期に渡ってキレイな状態を保つことが出来る塗料です。

←塗替え・リフォームのTOPへ戻る

〒653-0032 神戸市長田区苅藻通1-3-17
お問い合わせはこちら TEL:078-671-1641 FAX:078-671-1643